ぽち屋 手作り日記

私の手作り、気になる手作りを日記にします

クジラの根付

お着物を着てコーヒーを出張で淹れに行く、鯨珈琲さんからの注文です。背中にマグカップとコーヒー豆を背負い泳いでいます。鯨珈琲のK、裏はコーヒーのCになっていますよ。

金継

赤坂のいやま に行きました。焼き鳥の美味しいお店です。10年以上前に焼き鳥のお皿を作り、久々の金継に。大切に使っていただいているから器の欠けを補修するとさらに良い感じです。今日は予約でいっぱいだったので、次回はちゃんと計画してうかがいますね。

子供食器 フグとカエル

小学生になる前から子供食器を愛用してくれていたタクマ君。もう高学年になり、本人からのリクエストでフグとカエル、そしてTAKUMAの文字でとのことでした。器は大人サイズ、こんなになりましたがタクマ君は喜んでくれるかな〜d(^_^o)。

大鉢とボウル

今日の窯出しは大鉢とボウル、そしてたくさんの子供食器です。こちらの器はサーカス団のテントをイメージしてみました。無国籍のサーカス団、手抜き料理でも愉快な食卓になりそうです。

今年は酉年

今年は酉年なので出産祝いも鳥さん。いつものアイテムと鳥柄を選べるようにしています。ほとんどのかたがこちらを選択。今日も子供食器製作です。そして5年以上前に子供食器を使っていただいていたお客様は大きくなったので大人サイズの再注文もあります。そ…

海老の小皿

海老の小皿を10枚づつ作りました。注文のお題は海老だったので、どちらかを選んでいただきました。久々、海老を描きましたが筆の勢いをいかす絵付けは楽しいですね。楽しかったので追加でまた作り始めています。

常夏の土鍋

サーフィンと鯛、というお題で作りました土鍋です。海外でサーフィンをされている方にプレゼントされたようです。無事にお届け出来たこと、喜んでいただけたとの連絡をいただきました。土鍋は存在感がありますから自由にデザインさせていただけることは光栄…

蓋物3点

九州からのご注文で、チューリップ 金魚 うさぎの柄でお弁当箱の様な蓋物です。蓋がうまく閉まらなくてお待たせしてしまいましたが、無事納品へ。作り直ししただけあり、ピタッと満足な焼き上がりです。そして喜んでいただけたことがこれからの元気になりま…

左馬

3代目の初窯を炊きました。そして初窯恒例の左馬の蕎麦猪口が焼きあがりました。左馬とは縁起担ぎで、うま を逆から読むと まう、になり「舞う」おめでたい意味があります。馬にまたがる時は左から乗るので落馬しないという意味もあります。(乗馬部でしたd(…

人生フルーツ

最近素敵な映画にたくさん出会っています。感想を書くとあの映画、この映画とあの本も、となってしまうのでサクッとご紹介させてください。私の好きなポレポレ東中野で上映していた、人生フルーツは今まで見たドキュメンタリー映画で一番のオススメです。一…

ゴールデンウィークあけです

どんな休日を過ごしましたか?私はとにかく食べて呑み、少し仕事の1週間でした。今日から注文の器作りです。新しい窯は素焼きを2回終え、明日はいよいよ本焼きが初めてになります。どんな感じに焼けるかドキドキですが、イメージ通りにいくまでやるしかあり…

自宅に工房

自宅に工房を移して、ヤンチャな猫と一緒に出来るのか心配しながら早1ヶ月。猫の足跡だらけの器になるのか?恐る恐るロクロを回したり、削りをしてみました。イタズラもせずただ見てるだけの猫でした。私に無視されるのが大嫌いなので、視界に入るようには…

小山耕一先生

私の師匠、小山耕一先生の作品展に行って来ました。小山先生には15年以上前にお世話になり今も技術を教え続けていただいています。日本橋三越6階、美術画廊で25日(火)まで開催しています。金を温度の違いで色を変化させていく技法で表現する器は見ていて惚…

日本橋日本酒利き酒

連絡が遅くなりましたが、明日4月15日は日本酒、日本酒利き歩きイベントが開催されます。チケットと引き換えにぐい呑片手に日本酒界隈のブースを巡り日本酒飲む放題です。毎年恒例、豊年萬福さんの2階マルシェでぐい呑など販売いたします。日本酒好きな方ぜ…

窯3代目

我が家に新しい窯が来ました。陶芸をはじめて15年、3代目の窯になります。新品で購入したのが15年前、中古で活躍した窯を6年使い、そして今こちらの窯が来ました。さて、これからどんな陶芸人生になるか自ら選択してお客様に選んでいただきます。どうぞ末永…

お花見

我が家から歩いて5分のところにある井の頭公園の桜が満開です。私は着物でお花見をしましたが、とにかく人が多いです。来週は工房と自宅の引っ越しなので、作陶からも少し離れて、私のなかではお祭り騒ぎです。桜が散ったらガッツリ仕事に戻ります。

ありがとうございます!

昨日で銀座ACギャラリーの2人展が終了いたしました。最近は個展がメインで、2人展はとても久々の展示会になりました。ガラスの星野明宏さんとの出会いはギャラリーに感謝です。ものづくりをしていると普段忘れていた大切なモノに気付きます。ギャラリーにお…

土鍋いろいろ

21日から銀座ACギャラリーにて作品展があります。150点ほど出しますが、今回はたくさんの土鍋を作りました。今週は銀座通いです^ ^!

銀座作品展

3月21日(火)から3月26日(日)まで銀座ACギャラリーにて2人展に参加いたします。ACギャラリーさんでお世話になるのは久しぶりです。この会期中に引越しがあったり陶芸教室のお仕事だったりで、水曜日と金曜日しかギャラリーにいけませんが楽しみたいと思い…

小皿祭り

レストランのノベルティーが300枚焼けました。奥の窯はこのお皿が100枚入る優れものですが、新しい窯を注文中です。家電や精密機械は新しいものにしようかなと思うとお役目御免!と察してしまうのか急に故障したりするものです。この窯は後5回使い廃棄します…

窯出し窯入れ

今日は小皿の窯出しと次に窯を待っていた小皿が机に並びました。ちょうど200枚の写真です。残りの100枚は明日また窯に入ります。冬は窯が冷めるのも早いですね。春はもうすぐなのに寒い日が続きます。3月は休みなく窯焚きです。窯の周りは暖かいですよ。

小皿300枚

今年もレストランのノベルティーになる小皿を作り始めました。4月末の納品ですが、4月は引越しや窯の移動があるので作陶を1週間お休みします。そして15年お世話になった窯を手放し新しい窯を購入します。最後の窯たき、残りの一ヶ月は今の窯をたくさん使い、…

癒しのスズメさん

最近の特注スズメ食器は子供達にも人気です。お茶碗と湯飲みセットは兄弟で、鉢の3点セットは杏ちゃんに。杏子を入れて欲しいとのことでした。プレゼントは悩みますが何が喜ばれるか考えている時は楽しいものですよね。今週はバレンタインです。

ブイヤベース鍋

shibuya bedにブイヤベースを食べにいきました。昨年に納品しました鍋はとても順調らしくかなり活用していただいている様子でした。平たく浅い土鍋はこんなに綺麗に盛り付けが出来て具沢山です。美味しいブイヤベースに感動しました。浅いフライパンの様な土…

赤絵の土鍋

筆の動きがあり派手な土鍋という注文でつくりました。土鍋本体がもうすでに寄せ鍋です。イメージを形にするのは楽しく発見がたくさんあります。ぜひお料理した鍋のお写真がみたいです。

うさぎの取り皿

大皿うさぎを中皿にしてみました。以前作った33センチから15センチに、器は1センチ変わるとだいぶ見た目が違います。大皿うさぎを見慣れていたので、とても可愛らしく見える中皿です。こちらは九州に旅立ちました。10匹のうさぎ、大切にされる予感がしていま…

カエルちゃん 3周年

とある小料理屋さんが開店3周年記念だそうです。多分常連さんなのでしょうか?ぐい呑をプレゼントされるそうです。カエルちゃんに3の文字を入れて欲しいとの注文でした。それはおめでたいのでカエルに王冠を!そして金色のグラデーションで3を入れてみました…

アンチョビ完成

昨年にイワシを塩漬けにしておきました。一ヶ月経ち、オリーブオイルに漬けてからも一ヶ月経ちました。年末からいろいろなお料理に大活躍です。自家製は塩分が少ないので調味料としてではなくメイン料理に出せるのがポイントです。築地にカタクチイワシが無…

2017あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。昨年もお世話になりました。気付けば今日から仕事初めの方もいらっしゃるかと思います。今年のお正月は元旦から発熱して寝正月になりましたが、これは恒例です。旅行に行かないと決めたお正月はほとんど風邪をひきますね。…

バターのうつわ

お世話になっているレストランバーshibuya bedさんにバターを入れる極小鉢をお届けに行きました。今日はお店の忘年会ですので、大勢のお客様がみえるそうです。早速今日から活躍してくれそうな器たちです。shibuya bedさん今年もお世話になりました。

赤い鳥

久々、赤絵だけの鳥の鉢を注文で作りました。地味に手間がかかる絵付です。が、使うたびに色々発見がある可愛い鉢です。鍋の取り鉢?アイスクリーム?たくさん活躍してくれる鉢です。

クリスマスに向けて

今から梱包作業です。プレゼントは可愛く、土鍋の梱包は丈夫に!気を使います。半日作業になりそうです。喜んでいただけるとよいなーー。

来年も鯛焼きでお祝いを

今年も恒例、新年に使っていただく為に鯛を焼いています。写真は良く焼けた鯛と、まだ生焼けの鯛焼きです。たくさんの方々に鯛でお祝いをしていただきたいです!

土鍋納品

大小の土鍋をshibuya bed さんに納品に行きました。ブイヤベース用の浅い土鍋ですが、シェフさんは器を見て他にもお料理のイメージがわいたようで、さすがです。冬のbed楽しみです。

鍋の蓋

今週末に納品します鍋の蓋に今から赤を入れます。今回の土鍋のテーマは洋風であり伊万里テイストも混ぜながら!ということです。合計6つの土鍋ですのでそれぞれ絵柄を変えてみました。全部出来たらまとめてお披露目させてくださいね。

ブイヤベース用の土鍋

レストランで使うブイヤベース用の土鍋、2サイズをいくつか作っています。浅い土鍋にお魚1匹を煮込みお客様にお出しするそうです。大きいのにとても浅い土鍋です。鍋土はコシがないので、作る時に崩れやすく寸歩通りに出来るか心配でしたが綺麗におさまりま…

動物のマグカップ

先日6人での会食、私の定番スズメのマグカップを作って、と依頼されました。スズメ可愛いね〜からの会話が「私はアルパカが良い!」「私はペンギン好き」「私はマユちゃん(ミニチュアダックス)が良い」となり皆様の好みは様々です。挑戦してみたマグカップ…

土鍋の好み

土鍋の大きさ、深さの好みは人それぞれ全く違います。中華鍋の様に大きくて浅いものを好む方、深くて大きいものや、1人鍋が好きな方、様々すぎて毎回悩みます。我が家では2種類を使い試しています。今日はこちらで鍋をしてみたら実に使いやすくて、注文の土…

土鍋

地味な写真になりますが、土鍋作成中です。今日は鍋の取り皿も作るので、土鍋は3つ作りました。明日も出来るだけ作ります。作品展が終わり、油断したら胃腸炎になり今日は久々の作陶です。気付いたら今日は粘土を30キロも使いました。まだまだ続く土鍋です。

ありがとうございます

本日、高島屋個展が無事終了いたしました。皆様に応援していただいていることを今回もつくづく感じています。明日から裸一貫で頑張ります!という気持ちですが、多くの方に支えられています。甘えずに今回勉強したことを形にしていきたいと思っております。…

高島屋、本日3日目です

本日、作品展3日目です。お月見を意識してウサギのなます皿や、お団子が美味しそうに見えるお皿などを用意しました。ウサギ食器は人気があり、こちらのなます皿は行き先が全て決まりましたのでブログに残しておきます。今日はパラリンピックのパレードが銀座…

10月5日から日本橋高島屋です

10月5日から日本橋高島屋7階の和食器売り場にて展示即売会いたします。今回は450点ほどありますので、最終日までご覧いただけるかと思います。もう梱包が済みましたので、久々ゆっくりして当日の着物コーディネートを考えたりで楽しんでいます。着物は長時間…

日本橋高島屋

10月5日(水)から10月11(火)まで日本橋高島屋7階、和食器売り場にて展示即売会をします。日本橋は今回で3回目になりますが相変わらず緊張しますし、疲れが少し蘇ってきます。が、楽しみます。今回は450点ほど持って行きますから最後までたくさんの方々に…

カメラ購入

昨日、コンパクトデジタルカメラを購入しました。家電製品なら多少興味もありますが、パソコンなどの精密機器を調べて購入するのは初めてかもしれません。今では電気屋さんの言いなりだったので。これから器や我が家のペットをいっぱい撮って勉強したいと思…

子供食器

今月は子供食器セットをたくさん作りました。出産ラッシュ?いや、プレゼントされる方が9月に多いのでしょうね。新作のネコちゃんも登場です。じゅりちゃん、せな君、せりちゅん、新人類ですね。

カメラプロ

うさぎのお皿がライカのカメラ撮影により可愛くなりました。9月からやりたい事が山盛りで、カメラの勉強、英語の勉強が目標です。カメラマンさんにはいつも急ぎでワガママ言って感謝いっぱい。努力は夢中に勝てない!好きな名言です。これからもカメラマンさ…

ダイレクトメール作成

次の個展まで1ヶ月になりました。さて、撮影用の器も焼き上がりカメラマンさんに託しました。いつもお願いしているカメラマンさん、最近ライカのカメラを購入したそうで画像で見れるのが楽しみです。残りの1ヶ月は土鍋を焼き、注文を作りあっというまです。

シーサー

小学生の夏休みもそろそろ終わりになります。今年も子供達の作品が次々焼きあがりました。こちらは低学年が作ったシーサーです。ポーズと顔が様々で見ていてホッコリしますね。

うめぐみ

私の呑み友達が居酒屋を開店することになりました。場所は大阪、立花駅の北口から徒歩2分です。名前は「うめぐみ」、オープンは8月25日に決まりました。お店で使う器を担当させていただきました。うめぐみのロゴマークは店主の家紋をアレンジしたもので、家…

夏休み

夏真っ盛り、子供達の夏休みもそろそろ後半になります。恒例のサマースクールのお手伝い初日は、やはり陶芸です。低学年の小学生の参加も毎年多いですが、私は何歳の時に陶芸、という単語を覚えたのか時々考えますが、幼い頃から知っていたような、だいぶ大…